注意点

戒名の広告が度々出てきますが、そんなものに大金を費やすくらいならば、日蓮大聖人の仏法を一人でも多くの人に語ることへ時間と労力を費やしましょう


2020年4月29日水曜日

心の師と仰ぐ

心の師とは・なるとも心を師とせざれとは
六波羅蜜経の文なり(兄弟抄、御書1088ページ)

【通解】
わが心に対して師とはなっても、
わが心を師としてはならない、
とは六波羅蜜経の文である。


【池田先生が贈る指針】
心は「一日の中に八億四千念あり」
といわれるほど揺れ動く。

厳しい社会情勢で、
不安や動揺はなおさらだ。

その中で、妙法という「心の師」
を持つ創価の青年たちは
立正安国の祈りと貢献を
貫いている。

若き励ましの連帯こそ、
時代の闇を破る力だ。

地球を照らす勇気と英知の光を!

希望の歌声で心を結んで!


人の心のような当てにならないもの
を信じては、悲惨な目に遭います。

必ず正しい方向に導いてもらえる
ものに従いましょう!

心の固さ 神の守り

妙楽大師のたまはく
「必ず心の固きに仮りて
神の守り則ち強し」等云云、
人の心かたければ神のまほり
必ずつよしとこそ候へ
(乙御前御消息、御書1220ページ)


【通解】
妙楽大師は「必ず心が固いことに
よって神(諸天善神)の守りは強い」
と言われている。

心の堅固な者には神の守りが
必ず強いというのである。


南無妙法蓮華経の信心が強盛な人は
究極の助けが得られます!

2020年1月1日水曜日

法華経の敵

影は体より生ずるもの・法華経をか
たきとする人の国は体に・かげのそうがごと
く・わざわい来るべし、法華経を信ずる人は
・せんだんに・かをばしさのそなえたるがご
とし
(十字御書、御書1492ページ)

【通解】
影は体から生ずるものであり、法華経を敵
とする人の国は、体に影が添そうように
禍いが来るでしょう。

法華経を信じる人は、栴檀によい香りが具わっ
ているようなものです。


法華経を信ずる人と敵とする人の差は
大きすぎて埋めようがありません!

2019年1月6日日曜日

毎日が元旦

●池田大作先生の四季の励まし

妙法に生きる私たちは、
毎日が久遠元初であり、
毎日が元旦である。

今日も、わが生命に
赫々たる元朝の太陽を昇らせ、
無明の闇を打ち破っていける。

その暁鐘こそ、
南無妙法蓮華経という音律なのだ。


毎日が新鮮だと、最高に幸せですね!

2019年1月4日金曜日

病の克服

南無妙法蓮華経は師子吼の如し・
いかなる病さはりをなすべきや
(経王殿御返事、御書1124ページ)

【通解】
南無妙法蓮華経は師子吼のようなものである。
どのような病が、障りをなすことができようか。


この信心さえあれば病気など恐れるに足りませんね!

2018年9月29日土曜日

下種仏法

仏になる法華経を耳にふれぬれば
是を種として必ず仏になるなり
(法華初心成仏抄、御書552ページ)

【通解】
仏になる法華経を耳に触れさせるならば、
これを種として必ず仏になる。

【池田先生が贈る同志への指針】
日蓮仏法は「下種仏法」である。
衆生の生命に「仏の種」を
下ろすのだ。
相手がすぐに発心しなくとも、
必ず花開く時が来る。

その時を呼び寄せるのが、
祈りの力である。

誠意と確信を込めて語った分、
その声が種となって仏縁が結ばれ、
福徳が広がる。

ゆえに今日も、勇気凛々と対話に
打って出て、友野心の大地に
幸の種を蒔こう!


下種仏法は、語った者勝ちですね!

2018年3月8日木曜日

同苦の心

我がわかき身に親にはやくをくれて
教訓をも給はらざるらんと・御心のうち
をしはかるこそなみだもとまり候はね
(上野殿御返事、御書1509ページ)

【通解】
“自分は若い身で親に早く先立たれ、
教訓をも承ることがなかった”という、
あなた(南条時光)の御心中を
推し量ると、涙を抑えることができない。

【同志への指針】
日蓮大聖人は、若くして親を亡くした青年へ、
心に染み入る激励を重ねられた。

誠実に寄り添って同苦し、
共に祈ることが、「励まし」の根幹である。

我らには、尊敬と信頼に満ちた、
久遠よりの同志の絆がある。

苦も楽も分かち合い、
最極の誓願を共有して前進するのだ。

この創価の地涌の連帯に、
社会を蘇生させゆく希望の光がある。


一緒に苦しんでくれる人がいると、
確かに心が軽くなりますね!